menu

あいち保健管理センターの5つの特徴

  • 名古屋市内・市外どこからでもアクセスしやすい、 名古屋の中心部「栄」に立地しています。(アクセスマップはこちら
  • 初回のご相談・カウンセリングは無料です。
  • 障害福祉サービス受給者証を申請された方は2回目以降も約850円でご利用可能です。 (詳しくはこちら
  • 大学病院からクリニックなど複数の医療機関と連携しておりますのでご紹介も可能です。 (詳しくはこちら
  • 専門家による認知行動療法などのカウンセリングを受けることができます。 (詳しくはこちら

施設概要

  • 施設概要1
  • 施設概要2
  • 施設概要3
事業所名 あいち保健管理センター
理事長 三上 勇気
所長 平間 博之
住所 愛知県名古屋市中区栄1丁目18-1 ハイツサンライズビル3F
連絡先 052-265-6595

沿革

あいち保健管理センターは、2014年2月に内閣府認定特定非営利活動法人日本認知行動カウンセリング協会の役員および事務職員の呼びかけにより、大勢の会員の皆さま、地域の皆さまのご支援のもと、設立いたしました。

2008年10月 名古屋市中区丸の内に心理カウンセリングルームとして、名古屋市総合心理カウンセリング事務所「Heart Healing」設立。
2013年12月 名古屋市栄と名駅に以下の3施設を設置。
・名古屋栄心理カウンセリングルーム「CBT.名古屋」
・リワーク(復職)再就職支援デイケア「Clover(クローバー)」
・名駅研修室「CBTトレーニングセンター」
2014年1月 名古屋栄心理カウンセリングルーム「CBT.名古屋」が名古屋総合心理カウンセリング事務所「Heart Healing」と合併。
2014年2月 一般社団法人 あいち保健管理センター設立。

アクセスマップ

【あいち保健管理センターまでの主なルート】
  • 「伏見駅6番出口」より「伏見通り」経由 徒歩9分
  • 「伏見駅7番出口」より「錦通り」経由 徒歩9分
  • 「国際センター駅」から「堀川」経由 徒歩9分
  • 「名古屋駅」から「桜通り」経由 徒歩20分

理事長ご挨拶

あいち保健管理センターは、2014年2月に設立し、メンタルヘルス不調により休職や離職を余儀なくされた方々のリカバリーと再発予防及びレジリエンスの強化を目的として、認知行動療法を中心とした個別カウンセリングや集団プログラムを行っております。
認知行動療法は数ある心理療法・精神療法の中でも、最も科学的な裏付けを重視し、地道な研究によって効果が認められた方法のみを厳選して、生活上の問題に関連するターゲットに働きかけます。その研究は、精神医学、心身医学、心身障害学、心理臨床、歯科学、教育、福祉、健康管理、リハビリテーション、ストレスマネジメントなど、幅広い分野にわたり、世界的にも最も注目されている心理療法の一つです。
しかしながら、認知行動療法を提供できる施設はまだまだ限られており、利用したいと思っても敷居が高く感じられてしまうのが現状です。
当センターは、認知行動療法やカウンセリングを学校や職場にある保健室のように身近で気軽に利用できる施設として生まれました。
地域において多くの利用者様が安心してより良い生活を実感できる施設となることを目指して、研究や臨床実践等に積極的に取り組んで参りますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

あいち保健管理センター理事長 三上勇気

《最終学歴》
名古屋大学大学院 医学系研究科博士課程(前期)修了
《職歴》
2007年4月 愛知県立大学 看護学部 助教
2009年4月 福井県立大学 看護福祉学部 講師
2016年4月 湘南医療大学 保健医療学部 准教授
2014年2月より現職
《略歴》
名古屋大学大学院 医学系研究科博士課程前期修了後、 国立病院や精神保健福祉センターなど医療機関にて臨床経験をつまれ、2007年より研究者の道へ。 福井県立大学専任講師、湘南医療大学准教授を経て現職。
《実績》
講演多数(年間平均 20回以上)
《認知行動療法に関する執筆(過去8年間より抜粋)》
『暴露反応妨害法の実践』精神看護(単著 2009)
『不安を伴う統合失調症患者への認知行動療法的アプローチに関する一考察』精神看護(共著 2009)
『統合失調症患者への病識の獲得を目的とした認知行動療法』精神看護(単著 2010)
『認知行動療法 – 統合失調症の場合』精神看護(単著 2010)
『一般家族と比較した精神障害者を抱える家族のシステムとしての健康とコーピングとの関連性』家族看護学研究(単著 2010)
『タイプA特性を含む抑うつモデルの検討』日本看護研究学会誌(共著 2010)
『認知行動療法の基礎知識と業務への活かし方(前編)』ナースマネージャー(単著 2010)
『認知行動療法の基礎知識と業務への活かし方(後編)』ナースマネージャー(単著 2010)
『認知行動療法の最前線 – 精神科における認知行動療法の活用』精神療法(単著 2011)
『境界例パーソナリティ障害患者に有効とされる弁証法的行動療法とは』精神看護(単著 2011)
『認知行動療法的アプローチ ‐ チームでの連携をめざして』こころの科学(単著 2011)
『精神科医療従事者の感情労働と抑うつ,経験年数との関連および感情的知性,不合理な信念の影響』日本看護医療学会誌(共著 2011)
『統合失調症やうつ病を合併している認知症高齢者へのケア 統合失調症とはどのような病気か?』認知症介護(単著 2011)
『精神科に勤務する医療従事者の感情労働の特徴と抑うつ ‐ 一般診療科看護師との比較を通して』日本看護医療学会誌(共著 2011)
『認知症の人のストレスに上手に対応する認知行動療法の取り組み』高齢者安心安全ケア実践と記録(単著 2016)

所長ご挨拶

近年、経済・社会構造の変化にともない、労働環境が大きく変化し、そのような状況下において、労働者は大きなストレスを抱え、心の病を発症して、休職や離職に至る人が急増しています。
あいち保健管理センターでは、心の病によって働けなくなり、生きることや働くことに自信を失ったり、社会や組織から孤立して絶望感を抱いたりしている人たちが、もう一度、元気な自分を取り戻し、人や社会との繋がりを取り戻すためのリワーク支援を行なっています。
人と人との関係が希薄になりつつある現代社会にあっても、社会や組織の中に自分の居場所を見つけ、役割を持って生き生きと働けるようになる喜びをひとりでも多くの人が感じられるよう、私たちスタッフは利用者様の生活を支援していきたいと考えております。
あいち保健管理センターは、アットホームな癒しの空間であると同時に、あなたと社会とを繋げる架け橋のような場所でありたいと思っております。
辛く苦しいときだからこそ、ぜひ一度、あいち保健管理センターに足を運んでみませんか?
あなたの来所を心よりお待ちしております。

あいち保健管理センター所長 平間博之

《最終学歴》
関西大学 大学院文学研究科心理臨床学専攻(修了)
《職歴》
2004年2月 医療法人郷の会紀の郷病院 心理療法士
2004年4月 関西大学心理相談室 心理カウンセラー
2005年4月 医療法人郷の会紀の郷病院 主任心理療法士
2014年10月 あいち保健管理センター 心理療法士
2015年1月 あいち保健管理センター 副所長
2016年4月より現職

提携機関

行政機関

厚生労働省

http://www.mhlw.go.jp/
医療機関

藤田保健衛生大学 坂文種報徳曾病院

http://www.fujita-hu.ac.jp/HOSPITAL2/
地域に根差した第一線の病院として多様な疾患、病態に対応するとともに、大学病院として医学の先端をいく知識・技術に基づいた良質の医療を提供。21の診療科と優秀なスタッフを揃え、高性能の検査機器や診療技術による正確な診断と、それぞれに対応した低侵襲の治療を目指しています。

広小路通メンタルクリニック

http://hirokoji-mental.com/
近年、心の不調、心のケアに対する社会的関心が高まり、それにともなって心療内科への受診は以前に比べ、より一般的かつ広範囲なものへと変わってまいりました。 また、身体的医学でさえも現在は、ただ生命を長らせるだけでなく、「Quality of Life(生活の質)」の向上を目指しています。

栄メンタルクリニック

http://sakamen.net/
名古屋市にある「心療内科」「神経科」「精神科」の栄メンタルクリニックです。 うつ病、不眠症、不安障害、対人恐怖、適応障害の治療、家族相談、カウンセリング、漢方薬での治療も行っています。
提携非営利団体

NPO法人日本認知行動カウンセリング協会

http://jacbc.org/
認知行動療法を誰でも学ぶことができます。専門会員に該当される方は、「認知行動療法専門コース」から、一般の方は「心理学講座」から、それぞれ受講することができ、所定の要件を満たすことで認知行動療法専門カウンセラー資格、認知行動療法実践看護師資格が得られます。
  • 研修情報
  • 採用情報

お問い合わせはこちら

ページトップへ